車の走行距離の限界は何万キロなのか?

乗用車の走行距離のギネス記録は450万キロ。

1966年製ボルボP1800で近々300万マイル(480万㎞)走破という前人未到の記録を達成する見込みだそうです。

これを見ると、メンテナンスさえやっていれば車というのは寿命なんて無いのではとさえ思ってしまいますね。

また、タクシー用の車であれば50万kmぐらい使うとメンテナンス費用の関係で廃車を考えるというタクシーのドライバーの話も目にしたことがあります。

「メンテナンス費用の関係で」ということは、コストを度外視するなら更に走れるということですね。

タクシーに限らず宅配や輸送関係の車両なんかでも、20万、30万は「まだまだこれから」、60万キロ走っても「まだまだ走る」っていう感覚だそうですから、車はほんとにメンテナンス次第だなって思います。

ネットで体験談などを探してみても、10万キロどころか、20万キロ、30万キロ乗っているという話がゴロゴロと出てきます。

また「車の寿命なんてオーナーの考え方次第」という話も見かけたりします。

5万キロが変え時だと思うなら5万キロが寿命だし、パーツがあるうちは寿命じゃないと考えればパーツが手に入らなくなったときが寿命だというわけです。

少なくとも、もっともらしく言われることのある「車は10万キロが限界」などという話は全く根拠の無いものであるとわかります。

年間1万キロ走れば10年間で10万キロになりますが、これぐらい走ればエンジンのタイミングベルト交換、ゴム製パーツの交換などのメンテナンスが必要になり、確かに10万きろは一つの山になるのかもしれません。

でもメンテナンスさえ行えば、10万キロなど単なる通過点に過ぎないというのが今の日本車の性能です。

考えてみれば日本では廃車にしかならないような多走行車が、海外にどんどん輸出され活躍しています。

メンテナンス次第で50万キロ、60万キロ走るポテンシャルがあるのですから、20万キロや30万キロなんて、海外ではまだまだバリバリの現役なのでしょう。

走行距離が多いと輸入関税が安くなる国もあることから、できるだけ走行距離の多い車を買い取りたいという買取店もあるくらいです。

(※国内では廃車になるような多走行のトラック・バスなんかでも海外では全く問題ありません。ガンガン現役で活躍しています。)

■多走行車だからといって決してあきらめてはいけない

日本国内だけの中古車流通だと走行距離10万キロ越えの車は買取額が付かないことが多いでしょう。

ディーラー下取りでは新車から6~7年経つだけで「査定ゼロ」になってしまい、10年 10万キロの車など廃車処分にしてしまうのかもしれません。

(まさか「廃車にするしかありません」と言い、裏で輸出業者に売るなんてことはないと思いますが・・・)

でも海外での日本製中古車の活躍を見ると、日本人はなんと贅沢な車の乗り方をしているのだろうと考えさせられてしまいます。

ともあれ、日本車の海外での人気を考えると、どんな多走行車でも査定・売却をあきらめるべきではないとわかります。

———————————————————————-
海外で日本の過走行車・多走行車は大人気なのに下取りに出せば確実に「ゼロ査定」。
過走行車と相性の良い(参加業者の多い)一括査定で正当な評価をしてもらいましょう。

<過走行車と相性の良い【無料】車一括査定>

■ズバット車買取比較
 多走行車と相性のよい業者を含む全国150社以上が参加。厳選された8社に一括で査定依頼。
             詳細はコチラ>>>多走行車に納得の査定が期待できる一括査定

■カーセンサー.net
 提携買取店100社以上。中古車情報誌で有名なカーセンサーの一括査定です。
                  詳細はコチラ>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ