ディーゼル車は多走行でも海外で高く取引される

ディーゼル車はガソリン車に比べて丈夫なため長く乗ることが多く、処分時には多走行になっていることが多い車です。

しかもディーゼル車は日本国内では規制があるので、古くなればどうして廃車処分を考えがちになります。

でも、多走行のディーゼル車でも海外向けなら立派に査定額が付きます。

海外では日本のディーゼル車は壊れにくく頑丈だということで需要が多いのです。

ヨーロッパと違い日本ではディーゼル車の未来は明るいとは言えず、つい弱気になってしまうかもしれませんが、海外に出せばお宝になる可能性があることを忘れてはいけません。

査定上不利になるどころか、同じ程度の過走行車の場合、むしろガソリン車より有利になる場合もあるといいます。

ディーゼル車を、国内の販売ルートしか持たない新車ディーラーや中古車ディーラーの下取りに出してしまえば、本当にもったいないことになってしまいます。

海外では、トヨタ、ニッサン、マツダ、三菱、いすゞといったの日本メーカーのディーゼル車は他国のディーゼル車と比べてエンジンの性能が良いとされているそうで、例え走行距離がかなり多くなってしまっていてもかなりの高額で買い取られているといいます。

最近では海外に目を向けたディーゼル車買取の専門店も出てきています。

そのような専門店のサイトによれば、日本は世界で最も安くディーゼル車が取引きされている国だそうで、世界に目を向ければ日本のディーゼル車をもっと高く買いたいと思っている人がたくさんいるということです。

頑丈に作られている日本のディーゼル車なら、走行距離のことなんて気にする必要はありません。

・廃車を考えているディーゼル規制対象車

・ディーラー下取りで査定ゼロとなったディーゼル車

・通常の買取専門店で査定額が低かったディーゼル車

・車検が切れてしまったディーゼル車

・年式が10年以上古いディーゼル車

・走行距離が10万km以上のディーゼル車

これらのディーゼル車は海外に行けば間違いなく「お宝」になることでしょう。

ディーゼル車を売ることをお考えなら、下取りは絶対に避け、必ず海外への販売ルートのある『買取専門店』で査定をしてもらいましょう。
———————————————————————-
海外で日本の過走行車・多走行車は大人気なのに下取りに出せば確実に「ゼロ査定」。
過走行車と相性の良い(参加業者の多い)一括査定で正当な評価をしてもらいましょう。

<過走行車と相性の良い【無料】車一括査定>

■ズバット車買取比較
 多走行車と相性のよい業者を含む全国150社以上が参加。厳選された8社に一括で査定依頼。
             詳細はコチラ>>>多走行車に納得の査定が期待できる一括査定

■カーセンサー.net
 提携買取店100社以上。中古車情報誌で有名なカーセンサーの一括査定です。
                  詳細はコチラ>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ