多走行でも高額査定が付く可能性の高い車(まとめ)

○商用車・バン・トラック

多走行になったり荷室のダメージがあるため、値段が付かないと思われがちです

でも、日本車のディーゼルエンジン搭載車は海外で非常に評判が高く、高額で取引されているということです。

20万~30万km走行の車両だからとあきらめては非常にもったいないことになります。

海外だけでなく国内でも需要があるといいます。

○4WD・クロカン四駆車

4WD・クロカン四駆車も低年式・多走行にもかかわらず海外で需要が高い車です。

中でも商用車・ワゴン車と同様、ディーゼルエンジン搭載車は特に海外で人気が高い車種だとされています。

○軽自動車

海外よりも国内での需要が高いのが軽自動車です。

維持費の安い軽自動車は、多走行でも低年式でも意外な高額査定が付く場合があります。

また故障車、事故車でも部品取りとしての需要があるので買い取ってもらえます。

※多走行車を高く売るコツはやはり無料の車一括査定を利用して複数社の査定をくらべることです。
海外輸出向けの買取業者なら意外な高値も期待できるでしょう。

○スポーツカー

国内外で需要がある車種だとされています。

低年式・多走行で内外装の状態が良くないものでも、社外パーツやグレードによっては高額査定になる場合があります。

地球規模でメーカー別に見ると、人気の高いメーカーはトヨタ車のょうですね。

中でもカローラ、ハイエース、ランクルは「三羽ガラス」と呼ばれることも。

米国市場でのカムリの強さ、極東ロシアでのRAV4の人気も目立っているということです。

東南アジアに行くと、カローラ、ハイエースは異常と感じられるほど多く走っているそうです。

日本ならの廃車寸前の車でも海外では「ちょうどアタリがついてきた頃」といった風で、ハイエースなどほとんどが30万キロ付近でメーターが故障している車だらけだそうですよ。

日本の中古車って本当に長持ちするんですね。

———————————————————————-
海外で日本の過走行車・多走行車は大人気なのに下取りに出せば確実に「ゼロ査定」。
過走行車と相性の良い(参加業者の多い)一括査定で正当な評価をしてもらいましょう。

<過走行車と相性の良い【無料】車一括査定>

■ズバット車買取比較
 多走行車と相性のよい業者を含む全国150社以上が参加。厳選された8社に一括で査定依頼。
             詳細はコチラ>>>多走行車に納得の査定が期待できる一括査定

■カーセンサー.net
 提携買取店100社以上。中古車情報誌で有名なカーセンサーの一括査定です。
                  詳細はコチラ>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ