買い取られた多走行車はどこへ行くのか?

日本の中古車が海外で大人気だということはもう大分知られてきているかもしれませんね。

南米諸国、アフリカ諸国などの新興国、途上国では、国内では見れないような古い壊れかけのような日本車が走っているのを多くみかけるといいます。

もともと故障しにくい日本車。

その優秀な日本車が海外にはない車検制度で定期的に整備、チェックされているのです。

「日本の中古車」というだけで、性能だけでなく安全・安心の面でも品質が高く評価されているということです。

10万キロを超え国内では価値がゼロとされるような多走行車は、このような海外にどんどん輸出され、現役として活躍しています。

日本では誰も乗らないような廃車同然の多走行車、低年式の車、さびや塗装のはげた車、などでも新興国では欲しいと思う人がたくさんいるというわけです。

大手全国チェーン店など車買取専門店にも海外向けのルートを持つ業者が増加しているそうで、従来なら査定ゼロになるような10万キロ、20万キロ走行の車でも査定額が付くことが多くなっているようです。

中には海外向け専門に中古車を買い取る業者もあり、ディーラー下取りでは値段の付かないような多走行車などをどんどん買い取って輸出しているといいます。

※多走行のクルマを売却する一番便利な方法はこれ⇒一括査定で車を高く売る

■多走行車を廃車にする前にまずは一括査定を試してみよう

多走行でもこのように海外向けの需要があるのですから、処分に困ったらまずは買取専門店で査定してみることをおススメします。

きちんと車検を通して乗り続けてきた車なら10万キロなんて序の口、20万キロ、30万キロでも意外な査定額が付くことでしょう。

そして、査定してもらうなら無料一括査定が便利ですよ。

海外向けのルートを持つ買取店はどこだろうかなどと悩む必要がありません。

ネットからの簡単な入力で、海外ルートを持つ業者を含む多くの買取専門店に網をかけることができます。

査定依頼を申し込んだら買取専門店からの連絡を待つだけです。

うまくすると、1社だけでなく複数の買取店が査定額を競争してくれることになるかもしれません。

———————————————————————-
海外で日本の過走行車・多走行車は大人気なのに下取りに出せば確実に「ゼロ査定」。
過走行車と相性の良い(参加業者の多い)一括査定で正当な評価をしてもらいましょう。

<過走行車と相性の良い【無料】車一括査定>

■ズバット車買取比較
 多走行車と相性のよい業者を含む全国150社以上が参加。厳選された8社に一括で査定依頼。
             詳細はコチラ>>>多走行車に納得の査定が期待できる一括査定

■カーセンサー.net
 提携買取店100社以上。中古車情報誌で有名なカーセンサーの一括査定です。
                  詳細はコチラ>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ